一条工務店 仙台 Facebook Instagram
求められる理想を現実にする技術力がここにあります。
営業インタビュー
営業統括部長 三浦等

昔から変わらないポリシー

入社当時、一条工務店仙台のポリシーは「構造の確からしさ」。本物こそがお客様の「財産」であり、確かな構造が「安全」を生み出すという信念です。現在はいろいろな面で「進化」しましたので、インテリア・設備・温熱環境・外観を含めた 「ご提案」が出来るようになりましがた、当時は「ムクの木」「地震に強い」「腐らない」と いったポイントだけで納得いただいてました(笑)ただし、その「構造の確からしさ」は、新しい技術をプラスできた現在も変わらない一条仙台の「根っこ」なんだと意識しています。

住宅に対するニーズの変化

10年ほど前に、「2×4」という工法が一般化してきて「暖かさ」を全面に押し出した営業をし始めてから、比較するお客様が増えたせいか、「暖かさ」というニーズが増えてきました。しかし当時はまだ、住宅の性能について情報・技術が不足していたので、 「冬場暖かければそれでOK・・・」のような住宅があり、他人事ながら、壁の中の結露などの問題を心配していたわけです。やはり、東北という特殊な環境、つまり、冬寒いだけではなく、夏場は「高温多湿」という世界でも類を見ない厳しい気候の中での「家造り」をどうして行くのが良いものなのか・・・。それが私たち「住宅屋」の課題だったんです。

営業統括部長 三浦等

夢の家リリース

そして2002年から状況は変化しました。「夢の家」シリーズの発表です。自信を持ってお勧め出来る、住まう家族の安全と健康を 最優先した「邸別フルオーダーメイド」の家造りが提供できるようになったわけです。さらに「超高性能」&「クリーン」を実現することで、三種類の安全を実現することができました。

第一に「構造的な強度での安全」です。

これで地震などの災害から命を守ることが可能になります。ここまではちゃんとした住宅屋なら当然クリアすべき課題です。

第二に「空気環境のクリーンさがもたらす安全」。

誰でも簡単に交換でき、フィルターの性能を維持できる換気の方法を採用しているからこそ、いつまでも住まう家族に「きれいで安全な空気」を提供することが出来ます。

第三に「空気のバリアフリー」による安全です。

「ヒートショック」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?急激な温度変化が体に及ぼす悪影響のことです。それを解決するためには、計画された換気計画を、断熱性能の良い住宅で、床暖房などの適切な冷暖房計画をすることです。それが可能なのが「夢の家」であるわけです。

ハードだけでは計れないもの

「夢の家」は最高のハードウェアだと思っています。しかしながら、それだけではお客様の満足を得ることは出来ないんだと考えています。
まだまだ完璧とは言えませんが、私たちが意識して取り組んでいる方向をお話すると、まず第一に「営業窓口の徹底」です。一条仙台では、展示場にいらしたお客様を接客する所から、鍵をお渡しするまで 営業スタッフがすべて窓口になります。
第二に「住宅のプロとしての提案」。これは今後の課題としての部分が大きいのですが(笑)、目指しているのは「お客様の期待値を超える提案力」です。
最後に「住み心地を体感してから」をお勧めします。展示場にいらしたお客様には、スタッフがさまざまご説明をさせていただいています。住宅の性能、強さ、設備、資金計画など、理解していただく事は可能なのですが「住み心地」だけは言葉で伝えることが難しいんです。そこで、実際に「一条仙台の家に住んでみる」事をお勧めしています。体験宿泊館をご用意しておりますので、一晩だけではありますが「住み心地」をご家族で体感していただけます。

営業統括部長 三浦等

あくまでお客様の幸せを考える

最後に「一条工務店仙台」の営業ポリシーって何か?を集約すると、「あくまでお客様の幸せを考えた家造りをお勧めする」という事になります。マイホームを持てた=幸せかって言うとそれだけじゃ無いんです。
建てた事はゴールではなくて、新たなスタート。家を建てたら、その後の生活があるわけです。その後の「家族が幸せに暮らせるのか?」を考えるべきじゃありませんか?と提案しています。

営業統括部長 三浦等

お客様にキチンと考えていただく事が、私たちの最大の責務だと考えています。もちろん経済的な面も「幸せ」の重要な要素の一つです。 35年のローンを組んだとしても、前提として「定年までには残債なし」を提案するのが私たちの考え方です。もちろんメンテナンスは必要ですが、30年~50年住まい続けられる事。これが「お客様家族の幸せ」につながるのだと、すべての部分にかかわる社員が考え、業務に当たる、これが私たち一条仙台のポリシーなんです。

このページの先頭へ