一条工務店 仙台 Facebook Instagram
求められる理想を現実にする技術力がここにあります。
家づくり体験談 〜住まい実現までと実現後〜
お客様の声

岩手県大船渡市の佐々木さんご一家は、ご夫婦と2人の小さなお子さまの4人家族。いずれは奥さまのご両親と一つ屋根の下で暮らすため、設計自由度が大きい「セゾンA3夢の家Ⅳ」で『予算的に無理のない二世帯の家』を新築。玄関とお風呂とトイレ、メインキッチンは共用としながらも、お互いのプライバシーが守れる設計を可能にしたのは、営業担当者との時間をかけた話し合いがあったからこそ、と話します。笑顔あふれる佐々木家を訪ねました。

担当者に魅かれて、新築を決意

> どうして一条工務店仙台で家を建てようと思われましたか?
御主人

直感ですかね(笑)

奥様

実は、あまりハウスメーカーを回るということはしていないんです。そもそも、上の子がお腹にいて、「アパート住まいはどうなのかな」とぼんやり思い始めたので、ちょっと見てみようか…程度だったんです。2軒目が一条工務店仙台さんで、担当の大石さんのすばらしさに魅かれて、「じゃあ、建ててしまおう!」となったのが正直なところです。

御主人

大石さんに出会ってからは、ほかのハウスメーカーを回る気にはならなかったですよね。

奥様

最初から、私たちの「こうしたい」という思いにきちんと耳を傾けてくれましたし、ちょっと無理難題かな、と思うことも「こういう風にならできますよ」と、的確なアドバイスをくださいましたので、安心してお任せできるなと思いました。

御主人

僕たちは若いので、資金の問題とかもあったのですが、素直にお話したら「無理の無いようにしましょう」と言ってくださったので、安心できました。

奥様

それに、土地も探してきてくださったんですよ。何から何まで、お世話になりっぱなしです。

建物外観

床暖房で、父の腰痛も楽に

> セゾンAを選ばれた理由は何ですか?
御主人

自由に設計できるのがよかったですし、今風のカッコいい家にしたかったというのが大きいですね

奥様

この家は、二世帯仕様になっているんです。私が一人娘ということもあって、将来的には両親と一緒に住みたいということで設計していただきました。玄関とお風呂、トイレは共用。お風呂は、それぞれの居住空間から鍵をかけられるようにして、プライバシーを守れるようにしました。また、両親のリビングに簡易キッチンを備えて、二人で軽食を摂ったり、お友達と気軽に「お茶のみ」ができるようにしたんです。

御主人

最初は、総二階にして、両親の居住スペースの上にほかの部屋を作るという案もあったんです。でも、お互いのプライバシーや子供たちの足音なども考慮して、両親の居住スペースは上に建物が載らないように設計してもらいました。これも大石さんのアイデアで、「すごいなぁ」と思ったところです。

奥様

両親は床暖房に大喜びでして。宿泊体験のときに一緒に泊まったのですが、「今の家って、こんなにすごいんだ!」って(笑)。実際にこの家を建ててからも何度も泊まりに来ているのですが、腰痛持ちの父がベッドも温まって楽になるから「腰にやさしい」と太鼓判を押していました。

リビング

冬でも、夏でも、とにかく快適。

> 実際に住んでみての感想はいかがですか?
奥様

キッチンも解放感があって、使い勝手がいいんです。アパート時代はとにかく狭くて、キッチンに立つのがストレスで…。今は、お料理が楽しくなりました。

御主人

僕は壁のタイル使いと白い床にこだわっていて、シックな色合いで決まってよかったな、と思います。

奥様

あとは、とにかく快適! 全室床暖房なので、冬が全然寒くないんです。子どもの授乳やおむつ替えって、寒いと子どもが起きてしまって再び寝かしつけるのに時間がかかってしまって効率的じゃないんですよね。授乳期の母親にとっては、いつでも暖かいというのは本当にありがたいです。太陽光発電を取り入れたこともあって、光熱費も安くなり、アパート時代の半分以下になりました。

御主人

夏もエアコン1台でびっくりするくらい涼しいんですよ。寒いとか、暑いとか、なんか一切家の中で言わなくなった気がする(笑)。とにかく快適なんですよ。

キッチン

プロの意見は、聞くべきと反省…

> 逆に「こうしておけばよかった」ということはありますか?
奥様

大石さんから「洗濯機の近くに、水洗いできる下洗い場をつけては?」とアドバイスをいただいたのですが、断ってしまったんですよ。でも、実際に洗濯機に入れる前にちょっと洗いたいものとかが出てくるわけです。その時に「あの時、大石さんの言うことを聞いておけばよかった」と思うんですよね。やっぱり、プロの意見は取り入れるべきだったな、と後悔しています(笑)。

御主人

ウッドデッキをつけたかったな…というのがありますね。家を作る当時は、一条工務店仙台さんでは新築と一緒に付けるサービスが用意されていなかったんですよね。引っ越し後にやるしかなかったと諦めました。

ダイニング

遠慮は絶対にNG! 思うがままをぶつけるのが成功のカギ

> これから家を建てたいという方にアドバイスをお願いします。
奥様

とにかく担当者さんとの相性がカギなのかな、と思います。自分たちの希望を正直に伝えて、何が実現できて、何ができないのかもしっかり伝えてくれる方と信頼関係を築くのが大事なのかな、と。     
それと、納得するまで何度でも設計をしてもらうのも大事ですね。何度やっていただいたことか(笑) 

御主人

遠慮は絶対にダメです! 家は大きな買い物ですから、自分たちの希望は遠慮なく担当者さんに伝えることです。お客さんのことを考えてくれる担当者さんだったら、ちゃんと解決策を示してくれるはずです。ねっ、大石さん(笑)

営業マン
フォトギャラリー

このページの先頭へ