一条工務店 仙台 Facebook Instagram
求められる理想を現実にする技術力がここにあります。
家づくり体験談 〜住まい実現までと実現後〜
お客様の声
第一印象で「これだ!」と思いました。

― 一条工務店っていう名前はご存じでしたか?

御主人

知りませんでした(笑)展示場に来て初めて知りました。第一印象で「これだ!」って思いましたね。これいいなあ、イメージ通りだって感じでした。展示場を順番に見ましたけど「一条さん」が一番気に入って帰りました。

奥様

(腰板の辺りが)「ドラマに出てきそうな家だわ」って思いました。

お客様の声
地震に強く、丈夫で長持ち

― 契約までのこだわりや検討したところを教えてください。

御主人

外観はレンガ調がいいなと思ったのと、新しい家ではバルコニーでくつろぎたいなと思ってました。

奥様

丈夫で長持ち、地震に強いのが一番かなぁ・・・って。

イメージを形にするのが一条工務店

― 一条工務店に決めた理由を教えて下さい。

奥様

他にもいっぱいあって安心だったのと、評判かしら(笑)

御主人

自分たちのイメージ通りの家を作ってくれるのは一条工務店だと思ったからです。

家を建てることによって厄を払える!

― 契約からプラン決定までのドラマを教えてください。

御主人

正直不安がありました。長いローンを組んで、体大丈夫かなとか、ちょうど厄年だったんですね。厄年だと動かない方が良いって言われますよね。納得するまで、悩みに悩んで、迷いに迷っていましが、「家を建てることによって厄を払える」って助言を頂だいたおかげで、いざ契約の時には、迷いが消えて「パンッ」とハンを押しました!

現場に足を運び、納得して進める!

― 着工してから現場には行かれましたか?

奥様

主人は毎日行っていました!主人が毎日写真を撮って貯めていましたので、私はお腹も大きかったので、それを見せてもらって納得してました(笑)

御主人

これはこうなってるよって説明してましたから(笑)でも、自分でできる財産づくりだと思うんです。やり方なんかも目で見て、覚えて、自分で何か造ろうとしたときに現場を自分で確認して、直接聞いて覚えられる事って大切だと思うんですね。実家で家を建てた時には関わっていませんから、今回契約から建築まで自分でやるのは初めてだったので、分からない事だらけでした。分からないままにしておかず、できるだけ直接聞くようにして、納得して進めるようにしていました。

お客様の声
子供の成長に合わせた家づくり

― お宅で気に入っているところを教えて下さい。

奥様

まずはキッチンですね。使いやすくアイランドタイプにしたのと、白を基調にした感じが好きです。リビングを広く使えるタタミコーナーもそうですし、和室も好きですね。特に奥の畳の部屋は子供たちの遊び場にもなるし、子供たちと一緒になって良いですよ。

御主人

出窓まわりの外観とリビングに浮かせた和室の掘りごたつも気に入ってますね。シアタールームはいま寝室兼用となっていて、子供たちが一番見ています。見ようと思っても下の子たちの寝場所になっていて見たいときには使えません。(笑)正直、今自分の部屋はダイニングのパソコンが置いてあるあたりになっちゃってるのですが(笑)子供の成長に合わせて色々発展させようとひそかに愉しみにしています。

現場監督が、引き渡し後も担当してくれたら言うことない

― 一条工務店に頑張ってほしいところを教えて下さい。

御主人

営業さんを通してもOKなのですが、現場でしかわからない事もあったりするので、ぜひ現場を担当される監督さんにも私たちの要望を聞いてくれたり、細かな要望を吸い上げてくれる姿勢があっても良いかなって思います。

奥様

できれば、担当してくれた監督さんが、引き渡し後も担当してくれたら言うことないですね(笑)

お客様の声
これから“家づくり”を考えている人へアドバイス

― これから新築、建て替えを考えている方へアドバイスをお願いいたします。

御主人

「自分がイメージする家を造るには、まず出会いがすごく大切だな・・・って思います。私たちの厄年だとか、さまざまな不安は出会いが無ければ、解消しなかったかもしれません。私たちはたまたまいい営業さんに出会えましたが、建てようかなと思った段階で妥協せず、悩みや迷いを晴らすきっかけを造ってくれて「納得できる」家造りのパートナーと出会えるまで何度でも、いろんなメーカーさん展示場に足を運べば、おのずといい出会いが出来るんじゃないかと思います。

奥様

私は、色々主人と意見を交換して、最後は主人について行きました(ニコリ)

御主人

・・・そう言ってくれましたが、主導権をどっちが掴むかは大切かもしれませんね。

フォトギャラリー

画像をクリックすると写真が拡大されます。

このページの先頭へ